光造形システム(3Dプリンター)、光造形樹脂のご紹介

ユーザ事例

鋳造業や光造形業などを手掛ける
monoづくり企業

株式会社JMC 様

使用製品
Rapid Meister ATOMm-4000

活用事例

冷風・熱風を送風し、風の流れを確認
可視化評価が可能

光造形事例:エアダクト

使用樹脂
TSR-884B

光造形ケーススタディ・事例動画

シリンダーヘッド冷却水の流体確認

光造形システムを用いればシミュレーションデータに関する詳しい知識を有しないエンジニアでも目視で確認することが出来るので十分な納得感が持てることもメリットでしょう。
気体、液体等の流体の動きを素早く正確に把握し、開発のフロントローディングを実現したいエンジニアの方々には、この手法を採用されることを是非ともお勧めします。

注目情報

生産性向上設備投資促進税制のご案内

生産性向上設備投資促進税制本税制措置とは、質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、日本経済の発展を図るため、「先端設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際に適用される新設の税制措置です。
対象となる設備の導入にあたって、簡易的な手続きで即時償却又は最大5%の税額控除がうけられます。