1. HOME
  2. ケーススタディ
  3. インペラ―

WORKS

実績紹介

ケーススタディ

インペラ―

脱ロウ工程で焼失しやすいハニカム造形品のデータを生成する「クラッシュフォーム」と脱ロウのあとに
灰(残渣)が残りにくいアンチモンフリー樹脂「TSR-883」を焼失鋳造のために用意しました。

光造形品の内部を中空にし、強度を持たせた構造にするデータ条件で処理を行い、造形。
簡単にマスターモデルを手にすることが出来ます。

新しい技術と思われがちな「光造形精密鋳造」ですが、弊社は四半世紀以上技術開発と材料開発に取り組んでいます。

御協力:株式会社 コイワイ様