1. HOME
  2. アプリケーション
  3. 樹 脂
  4. 注型マスタが欲しい

アプリケーション

application

樹 脂

注型マスタが欲しい

同じ部品を複数個作製する場合、真空注型が有効な場合があります。

【真空注型とは】

光造形品や切削加工品をマスタモデルとして硬質または軟質のウレタンで複製品を作る工法です。
光造形モデルをマスタに活用するには光造形モデルは寸法安定性が高く、意匠面の積層除去性、
サーフェイサー塗装性も良く、注型用のシリコンとも相性が良いのが特徴です。

●メリット

従来の切削マスタより短納期での製造が可能で基本的には切削マスタよりやや安価です。
また刃物による角Rがつかないために実際の3Dに限りなく忠実な注型品の製造が可能です。

●デメリット

切削マスタに比べ精度がやや劣ります。また、注型のシリコン型からのマスタ脱型時に、
形状によりマスタモデルが破損する場合があります。

●表面処理

マスタモデルに表面処理を施すことにより、注型品も同様の表面になります。
意匠面に関しては、積層方式に発生する、等高線の様な模様ができる(積層段差)を磨き除去する必要があります。

 【動 画】