1. HOME
  2. アプリケーション
  3. 樹 脂
  4. シリンダーヘッド冷却水の流体確認をしたい

アプリケーション

application

樹 脂

シリンダーヘッド冷却水の流体確認をしたい

水や気体等の流体を可視化したい場合に、その可視化手法としてコンピュータ解析による数値シミュレーションという方法があります。
流路や流体の特性等の環境情報を数値で入力し、計算結果を数値・ビジュアル化して認識することができます。
ただ、実際の流体の動きは数値化し入力することの出来ない不規則な要因が数多くあるため、解析結果と完全に一致させることは難しいとよく聞きます。

当社の販売する透明光造形樹脂の造形品はそんな課題を解決します。下記の自動車用エンジンに関する事例はまさにその一つであり、コンピュータシミュレーションの結果の詳細確認を容易に行うことができます。
この手法を用いればシミュレーションデータに関する詳しい知識を有しないエンジニアでも目視で確認することが出来るので十分な納得感が持てることもメリットでしょう。

気体、液体等の流体の動きを素早く正確に把握し、開発のフロントローディングを実現したいエンジニアの方々には、この手法を採用されることを是非ともお勧めします。

写真樹脂:TSR-884B

解説動画

カメラなどを用いて粒子の挙動を撮影することで、粒子が時系列で流れる流跡を見ることが出来ます。
また、シュミレーションと比較しての内部の乱流を確認することもできます。