最先端光造形技術を通じてあらゆる製品開発の現場を支援しています。

新・国産大型3Dプリンター ATOMm-8000
本物のものづくりを実現

Additive Manufacturing、3Dプリンティングに期待が集まる日本のモノづくり現場へ「メイド・イン・ジャパン」のシーメットより新提案。

大容量造形エリア

D800×W600×H400mmの大型造形エリアを実現
大型モデルも一体造形が可能

リーズナブルな価格を実現

従来の大型装置よりコストパフォーマンスが向上

ランニングコストを大幅削減

低価格・高性能レーザーを搭載

作業性向上

大型モデル専用取り出し台車を採用
大型モデルが取り出し易い造形扉3面開放

充実したユーザーインターフェイス

タッチパネル方式の簡単操作性

仕 様

モデル Rapid Meister ATOMm-8000
搭載レーザ 半導体励起固体レーザ 1.2W  80KHz
走査方式 デジタルスキャナ方式(TSS4)・ダイナミックフォーカス制御方式
レーザ保証時間 1年間
最大走査速度 45m/sec
硬化径 0.10~0.60mm(自動可変)
最大造形サイズ 800×600×400mm
Zテーブル 最小積層ピッチ50μm ※樹脂により異なります
リコータ ヴェントリコータ方式
液面制御 バルーン方式
電源仕様 AC100V×1回路 20A
装置外形寸法 W1900×D1190×H2170mm
装置重量 約1,200kg (樹脂含まず)
ソフトウェア C-Sirius
オペレーション 日本語版/英語版

より詳しい比較資料はこちらからご確認ください。

CMETの光造形装置の概要をすぐつかんでいただけるPDFカタログをご用意しています。
無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

 

導入を検討されるお客様向けに、詳しい資料をご用意しています。お気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡いたします。

装置に関してよく頂くご質問

装置を見学する事は可能ですか

弊社の横浜樹脂開発センターで不定期ではありますが装置を見学頂くことは可能です。
営業担当にご連絡を頂くか、HPより装置見学希望と御申し込みください。

データ入力形式は?

STL(STereo Lithography)データが必要です。STLデータとは面を三角パッチで置き換えたデータで、三角の面が細かいほど綺麗な面を構成します。
最近のCADシステムには標準的にSTL出力機能が搭載されております。
ただ、CADシステム毎にパラメーターの名称や、与える数値の概念が違い、同じデータを出力しても表面形状に差が生じる場合がある為、ご注意ください。

サンプル品などは提供頂けますか

サンプル提供・BMモデル造形対応も可能です。
営業担当にご連絡頂くか、HPより希望される樹脂名とサンプル希望と御申し込みください。

スキャナとはなんですか?

弊社装置のスキャナとは、紫外線硬化性樹脂にデータ通りにレーザを描画させる機構部分の事を指します。
オフィスに設置されえているようなコピー機のスキャナ機能とは異なります。

装置は日本製ですか?

装置は日本製です。
設計・開発はシーメット社内で行っており、生産に関しては、日本国内のナブテスコグループ工場で組み立て、生産しております。

3Dプリンタを操作する為に専門的な知識や経験は必要ですか?

装置をオペレーションするには専門的な資格は必要ありません。
システム導入時と導入後に2-3日の研修教育を実施し、そこで造形に関する運用を学んでいただきます。
お客様のニーズに応じ、装置運用教育(有償)を随時実施させていただきます。
ご要望等ございましたら弊社営業担当へご相談ください。

保守契約への加入は必須ですか?

保守加入は必須ではありませんが、安定稼働ために定期的なメンテナンスが必要な為、全てのお客様に保守加入をお勧めしております。
保守契約に関する詳細はこちらよりお問い合わせください。

関連情報

アプリケーション(樹脂)ご紹介

アプリケーション(樹脂)ご紹介

開発現場の多様なニーズに対応する、多種・多機能な光造形用アプリケーション(樹脂)をご紹介します。
アプリケーション(樹脂)毎の違いや主な用途、造形例、物性値などをご確認頂けます。

詳細はこちら

ミドルサイズ光造形装置 ATOMm-4000

詳細はこちら