光造形テクノロジーに関連する様々な用語をまとめました。みなさんのお役に立てれば幸いです。

光造形法

光造形法

歴史

光造形法とは、3Dプリンターの中でも最も早く開発・製品化された製法です。(シーメットが国産光造形装置1号を発売)。別名、SLA(Stereo lithography)とも言われています。

造形方法

液状の光硬化性樹脂を樹を造形槽の規定液面まで満たし、3Dデータに基づき最上液面に紫外線(可視光)レーザーを照射し、一層ずつ硬化させ、積層させます。モデル形状により、モデルを支える為のサポートを作成する必要があります。
※モデル材・サポート材は同一材料です。

材料

主な材料は光硬化性樹脂(エポキシ系樹脂)が中心。

特徴

積層面が滑らかで高精度なモデルが造形出来、透明材料が使用可能であることが特徴です。デメリットとして、強度・耐久性が実製品材料と比較して弱い、紫外線による劣化等が生じます。

関連情報

光造形システムの原理

光造形システムの原理についてご紹介いたします。

詳細はこちら

光造形テクノロジー用語集TOPに戻る