光造形テクノロジーに関連する様々な用語をまとめました。みなさんのお役に立てれば幸いです。

3Dプリンタ

3Dプリントには明確な定義等はなく、現在CAD/CAM/CGソフトで作成したデータやCT/MRI等の3Dデータを基に材料をうすい層に硬化して積み重ねることにより立体物を造形する装置の事を指します。

以前は、積層造形装置、RP装置、3次元造形装置、光造形装置、粉末造形装置等様々な呼び名で呼ばれていましたが、現在ではワークサイズ・価格に関係なく日本国内では総称して3Dプリンタと呼ばれています。

3Dプリンタの方式の1つである光造形機の登場から既に25年以上経過しており、最新技術ではありませんが、アメリカのオバマ大統領の演説や国内でのマスコミ報道、特許切れ技術による低価格装置の販売、CAD/CAMソフトの低価格化等様々な要因が重なり市場が活発化しております。

光造形テクノロジー用語集TOPに戻る