1. HOME
  2. ブログ

BLOG

ブログ

アーカイブ: 用語集

後処理

光造形の場合、装置から取り出したあとで行う作業のことを総称して後処理と呼びます。モデルには未硬化の樹脂が付着していますので、洗浄剤やアルコールを用い...

切削加工

一般に切削加工といえば、フライス加工や旋盤加工法等を指します。素材そのものを利用できる反面、形状に制限があります。

熱溶解積層法

FDM(Fused Deposition Modeling)法とも言われます。 スプールに巻かれた樹脂をヒーターで溶かしてヘッドから押し出して、一筆...

マテリアルジェット方式

モデル材、サポート材等をインクジェットヘッドから選択的に噴射し、光で硬化させる積層造形方式です。

インクジェット方式

インクジェットヘッドを使用した積層造形方式です。バインダージェット方式とマテリアルジェット方式に分けられます。

バインダージェット方式

液状の接着剤等をインクジェットヘッドから噴射し、粉体材料を固化させる積層造形方式です。シーメットの製品ではSCM-800が当方式を採用しています。

液槽光重合方式【vat photopolymerization...

アメリカのASTM規格による、AM技法7つの分類うちの1つ。 タンクにためられた液状の光硬化性樹脂のモノマーを光によって選択的に硬化させる &nbs...

シート積層造形法

【方式】シート積層(sheet lamination) 【概要】シート状の材料を接着させる 【原料】紙、樹脂、金属箔  

紙(3Dプリンタの材料)

【特徴】シート積層方式で使用。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

砂(3Dプリンタの材料)

【特徴】バインダ(接着剤)を用いる。鋳造の砂型に使用。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

石膏(3Dプリンタの材料)

【特徴】バインダ(接着剤)を用いる。インクを混ぜるとフルカラー対応可能。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

鉄(3Dプリンタの材料)

【特徴】主に金型製造用に使用。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

PLA樹脂(3Dプリンタの材料)

【特徴】主にFDM方式で使用し農産物由来の材料で、環境に配慮。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

ABS樹脂(3Dプリンタの材料)

【特徴】主にFDM方式で使用し一般のモデルはプラスチック製品に近い。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

ワックス(3Dプリンタの材料)

【特徴】鋳造用ロストワックスモデルに使用し小物に適している。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

アクリル系樹脂(3Dプリンタの材料)

【特徴】光硬化性樹脂として主に光造形法で使用し靭性が高いのが特徴。収縮率が高い。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください...

エポキシ系樹脂(3Dプリンタの材料)

【特徴】光硬化性樹脂として主に光造形法で使用し高精度を得られる。透明材料有。 ※あくまでも代表例です。詳細に関しては、各メーカーへご確認ください。

付加造形製造(3Dプリンタ)

3Dプリンター(付加造形製造)は材料を付着することによって物体を3次元形状の数値表現から作成するプロセスを指す。多くの場合、層の上に層を積むことによ...

光硬化性樹脂粘度について

光硬化性樹脂は水よりも粘度・比重ともに高くなっています。 樹脂特性により、粘度、比重は各樹脂で異なります。 (注)光造形樹脂に関しては、樹脂により粘...

光造形法

光造形法 歴史 光造形法とは、3Dプリンターの中でも最も早く開発・製品化された製法です。(シーメットが国産光造形装置1号を発売)。別名、SLA(St...

光硬化性樹脂

光のエネルギー作用で液状から固体に変化させことを「光硬化」と呼び、硬化する合成有機材料を光硬化性樹脂と呼んでいます。

3Dプリンタ

3Dプリントには明確な定義等はなく、現在CAD/CAM/CGソフトで作成したデータやCT/MRI等の3Dデータを基に材料をうすい層に硬化して積み重ね...

サポート

光造形では、オーバーハングするパーツを支えるためにサポートと呼ばれる形状がモデルと同一材料で一緒に造形されます。 サポートの設計は造形物の形状に合わ...

STLデータ

3Dプリンタで造形する際に必ず必要になるデータ方式で、3次元CAD用のポリゴンファイルです。 オブジェクトの形状を三つの頂点の座標と法線ベクトルによ...

ASTM

世界最大規模の国際標準策定機関。 2009 年の会議において、それまでRP,RM,AFと呼ばれてきた積層造形技術の名称を今後は“Additive M...