シーメット株式会社からのお知らせをご案内します。

第48回日本産業技術大賞“審査委員会特別賞”受賞のお知らせ

平成31年4月3日に東京都千代田区の経団連会館にて第48回日本産業技術大賞 授賞式が行われシーメット株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:上野 高邦)は、国立研究開発法人産業技術総合研究所、群栄化学工業株式会社、及び伊藤忠セラテック株式会社と共に日本産業技術大賞「審査委員会特別賞1を受賞いたしました。

 

日本産業技術大賞は、1972年(昭和47年)に創設された表彰制度です。その年に実用化された革新的な大型産業設備・構造物や、先端技術の開発、実用化で顕著な成果をあげた企業・グループを表彰し、産業界や社会の発展に貢献した成果をたたえるとともに、技術開発を奨励することを目的としています。

 写真:日刊工業新聞社ご提供

 

◆日本産業技術大賞 審査委員会特別賞
超高速砂型積層造形装置「Sand Casting Meister  SCM-1800」

 

今回、当社が開発した超高速砂型積層造形装置は、これまでにない高速造形を実現した点を高く評価され、今回の受賞となりました。自動車部品等の鋳造品製造に欠かせない鋳型を3Dプリンタで高速造形する本装置の開発において、当社は装置・ソフトウェアの開発を担い、造形速度の高速化に貢献いたしました。

今回の受賞を励みとし、今後も日本のものづくり産業を支える3Dプリンタメーカーとして、本装置の普及に積極的に取り組んでまいります。

【審査委員会特別賞楯】           【Sand Casting Meister SCM-1800

 

  

詳細について(PDF)

 

 

この記事と同じカテゴリーの記事