光造形システムの原理についてご紹介いたします。

1.3次元モデルの作成

CADやCT/MRIの測定データから3次元モデルを作成します。

2.断面データの作成

立体データをSTLフォーマットに変換し、指定された厚さごとの断面データを作成します。

3.レーザを液状の光硬化性樹脂に照射

断面データに基づき、レーザを液状の光硬化性樹脂の表面に走査します。レーザが照射された部分のみ硬化し、テーブル上に一層分の断面形状が形成されます。

4.各断面形状が積層され、モデルを形成

テーブルを一層ごと降下し、樹脂を塗布してレーザ照射する工程の繰り返しにより各断面形状が積層され、モデルを形成していきます。

5.3次元モデルの完成

3次元モデルが完成、最後にテーブルが上昇しモデルを取り出します。

動画