開発現場の多様なニーズに対応する多種・多機能な光造形用アプリケーション

造形方向によるモデルの印象
モデルを造形する際、横置きで造形するか、縦置きで造形するかによって、完成したモデルの印象が変わります。

モデルを造形する際、横置きで造形するか、縦置きで造形するかによって、完成したモデルの印象が変わります。


緩やかな曲面が特徴のモデルである場合、横置きで造形すると緩斜面の積層段差が目立ってしまいます。 一方、縦置きのモデルは綺麗に完成しています。

ただし、横置きのレンズの造形時間が5時間30分であるのに対し、縦置きのレンズの造形時間は8時間と、2時間30分もの差があります。同じ形状のモデルでも、縦にした分Z方向が高くなるため造形時間がかかってしまうのです。

造形時間を短縮させたいか、モデルを綺麗に完成させたいか、他にもサポートの付き方など、弊社では、ユーザ様向けにモデルの形状と造形方向のアドバイスをしております。

CMETの光造形樹脂の特長や用途をすぐつかんでいただけるPDFカタログをご用意しています。
無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。

 

導入を検討されるお客様向けに、詳しい資料をご用意しています。お気軽にお問い合わせください。弊社担当よりご連絡いたします。